突然の怪我。これは災害時に限らずとも起こり得る可能性はあります。そんな時は慌てずに、正しい知識で飼い主さんが適切な処置を出来ることが大切です。

そして速やかに病院へ連れていく必要があります。なるべくなら「鳥も診ます」という動物病院ではなく、「鳥を診る」ための専門病院へ連れていったほうが良いと思います。

我が家のインコがお世話になっている横浜小鳥の病院によると、小鳥が怪我をした場合、病院に連れていくことは大前提ですが、小鳥に対して飼い主が自宅でしてあげられる唯一の処置は「止血」だとされています。

事故や怪我により出血してしまった場合は、たとえ少量に見えても、小鳥にとっては大出血に値することも多いため、止血方法は知っておいたほうがいいです。

ぶつかって爪を折る、または飼い主による「爪切り」の失敗で小鳥が出血してしまうケースがあります。爪は特に血が止まりにくい部分ですので、一刻も早い止血が必要です。止血方法は2通りあるそうです。

線香で焼く

仏壇用のお線香でも蚊取り線香でも使えます。鳥の爪を押さえ、ティッシュで血を拭き取った後に線香で出血している爪を焼きます。

粉をつける

小麦粉や片栗粉を出血部位につけます。血液を拭きとったらすぐに粉をつけて、再びティッシュで押さえるという方法もあります。

新しく生えてきた羽根を折ってしまうと、血管の通っている羽根軸から出血してしまうことがあります。適切な処置をしなければ止血しずらく、折れた羽根がまだ残っていると抜けおちるまで、次の羽根も生えてきません。

残った羽根軸を抜く

折れた羽軸が残っていると出血は止まりません。ストローが刺さっている状態をイメージしてみてください。軸がストローの役目となり鳥の体から出血し続けてしまうのです。対処方法は、新しく生えてきた羽軸をピンセットなどで抜き取る。根元から抜く事と、処置後に圧迫する事で出血が止められるそうです。

どうしても自分で羽軸が抜き取れない場合は、出血部位を圧迫して出血を押さえ、一刻も早く病院に連れていかなければなりません。

外敵に襲われたり、小鳥を誤って踏んでしまったり、なにかに挟んでしまった等の事故が起きてしまった場合は自宅で止血を行う事は難しいそうです。

ティッシュで圧迫をして出血を押さえ、病院に速やかに運ぶ必要があります。このようなケースでは、他の動物に小鳥が皮膚を裂かれていたり、脚や翼をもぎ取られてしまった状況が考えられます。

脚の動脈を切ってしまうと大量出血のおそれもありますし、負傷による感染症にも注意しなければなりません。病院では傷の縫合、抗生物質の投与などの処置をするそうです。

参考リンク/横浜小鳥の病院