横浜市には「地域防災拠点でのペットとの同行避難対応ガイドライン」というものがあります。災害時に飼い主がペットを連れて避難をしてくる事を想定した内容になっていますので、共同生活において、動物が苦手な方やアレルギーをもっている方にも迷惑がかからないような対策が提案されています。

しかしながら、主に犬/猫を対象としたガイドラインにもなっていますので、小鳥に関しては飼い主さんの出来る限りの保護が必要そうです。横浜市の対応を例に、避難所でのペットの暮らしについてまとめてみます。

横浜市のペット関連 災害時の備蓄と対応

  • ケージを購入して備蓄する
  • ペットの飼育場所に使う「テント」の貸出を調整する
  • 横浜市動物救援本部・・・(社)横浜市獣医師会、民間組織の調整をする

ケージの備蓄につきましては、主に犬/猫を保管するためのものです。基本的にペットは屋外飼育になるようですので(盲導犬は除く)テントを張り、その中でのケージ暮らしがが予想されます。他の動物と一緒に小鳥を飼育するとなると心配です。しかし、小鳥についても同じ対応が取られるとの回答がありました。

東日本大震災の被災地ではペットのために車に寝泊まりされている方もいらっしゃいましたが、現実問題として、横浜市のようにガイドラインがある地域であっても、小動物の場合は飼い主が車・自前のテントなどで自力でペットと暮らすことを視野に入れていかなければならないと思います。

横浜市ガイドライン「地域防災拠点での対応」によると、避難所でのペットの受け入れについては地域住民間での話し合いが大切であるとされています。

平常時より準備しておきたい対策と災害時の対応は以下の通りです。ペットを飼われているご家庭同士の協力が必要になるんですね。

① ペットの一時飼育場所を想定する

  • 体育館や教室内にペットを入れることは難しいため、平常時より、校庭の一角や公園に飼育場所を想定しておきましょう

② 一時飼育場所への誘導

  • 被災者がペットを連れてきた場合は、あらかじめ想定しておいた一時飼育避難所へ誘導できるようにしましょう

③ 区災害対策本部への連絡(1)(ペット物資の供給)

  • 本部にペットに関する物資の要求を行う必要があります
    ※主に犬/猫を対象とする「飼育テント」「ケージ」「ペットフード」「ペットシーツ」など。到着は3~5日以降になる(それまでの間は飼い主によるエサの確保が必要です)

④ 区災害本部への連絡(2)(ペットの保護管理)

  • 飼い主がわからないペットがいたら連絡をする
  • 負傷したペットがいたら連絡をする
  • 被災により飼育困難のペットがいる場合も本部に連絡をしましょう

大規模な災害が起こった場合、全国組織で動物を救援する団体(どうぶつ救援本部)が立ち上がります。それに伴い、横浜市域では社会法人 横浜市獣医師会や動物愛護団体で構成される横浜市動物救援本部が設置されるしくみです。

私はガイドラインが制定された地域であっても、鳥類の保護に当てはめることは難しいように感じました。また、行政や市区によるペット物資の到着までには、3~5日以上の日数がかかることも予測されていますので、飼い主さんが「ペットの食料」「衛生用品」等を平常時より備蓄確保しておく必要がある事がわかりました。

緊急時に使える 鳥さんグッズ

ヨウムによる使用例(動画)が見られます。「パック・オー・バードバードキャリー」シリーズには、ナイロンメッシュタイプと(齧り癖がある仔用に)ステンレスメッシュタイプがあり、鳥さんによって適合サイズも違います。

【サイズ】XS(オカメインコ等)、Sサイズ(アケボノインコ等)、Mサイズ(ヨウム等)
【取扱店】CAP!

※生体(鳥)販売を行わない鳥グッズの専門ショップ「CAP!」では、売上の一部を里親&鳥のレスキューセンター「TSUBASA」に寄付しています。